【卓球】張本は接戦でオフチャロフに敗れる グランドファイナル3日目【ワールドツアー】

ワールドツアー・グランドファイナル

12月14日~17日までカザフスタン・アスタナで『2017 ITTFワールドツアー・グランドファイナル』が開催中。

大会3日目の16日は男女シングルスの準々決勝及び準決勝が行われています。

男女含めて日本勢唯一の準決勝進出を目指した張本智和選手は好調のオフチャロフ選手(ドイツ)に挑戦。会場を沸かせる好ラリーを見せたものの、大激戦の末に惜しくも敗れました。

残る日本選手は最終日に行われる男子ダブルス決勝の何鈞傑/黄鎮廷(中国香港)- 森薗政崇/大島祐哉、女子ダブルス決勝の早田ひな/伊藤美誠 – 陳夢/朱雨玲(中国)となりました。

男子シングルス(12/16)

準決勝

樊振東(中国)4(6、4、-8、8、-9、7)2 ボル(ドイツ)

準々決勝

オフチャロフ(ドイツ)4(7、-11、8、-12、8、-5、7)3 張本智和

林高遠(中国)4(-8、7、6、7、6)1 方博(中国)

樊振東(中国)4(6、8、-9、9、10)1 許昕(中国)

ボル(ドイツ)4(-4、8、-9、3、9、3)2 黄鎮廷(中国香港)

女子シングルス(12/16)

準決勝

陳夢(中国)4(10、4、5、9)0 顧玉婷(中国)

準々決勝

陳幸同(中国)4(8、-8、6、8、6)1 伊藤美誠

朱雨玲(中国)4(6、-8、7、-6、8、-9、2)3 王曼昱(中国)

陳夢(中国)4(4、8、6、3)0 馮天薇(シンガポール)


顧玉婷 4(-6、9、8、6、-6、4)2 石川佳純