2017/2018 中国卓球超級リーグ第14節までの順位と個人成績トップ5【超級リーグ】


第18節まで行われる2017/2018 中国卓球超級リーグは第14節までが終了。

男子は林高遠がエースの山東魏橋・向尚運動が首位。

女子は劉詩雯が第14節まで個人成績21勝1敗と圧倒的な強さを見せつけ武漢安心百分百を牽引。チームは首位に立っています。

個人成績は男子は馬龍が18勝3敗でトップ。女子は21勝1敗の劉詩雯がトップに立っています。2017年11月に開催されたワールドツアー・スウェーデンオープンで丁寧や朱雨玲を破って優勝した陳幸同は11勝13敗と現時点で負け越し。超級リーグのレベルの高さが垣間見えます。

なお、昨シーズンは平野美宇が超級リーグに参戦したものの、今シーズンは日本選手や外国選手の参加はありません。

男子順位(第14節終了時点・今シーズンは第18節で終了)


順位 チーム 勝敗 主な選手
1位 山東魏橋・向尚運動 12勝2敗 林高遠・閻安・薛飛・夏易正
2位 山東魯能 10勝4敗 方博・張超・尚坤
3位 八一大商 9勝5敗 樊振東・周雨・周愷
4位 覇州海潤 8勝6敗 于何一・賽林威・梁靖崑
4位 天津権健 8勝6敗 馬龍・劉丁碩・程靖チィ・馬特
6位 深圳宝安明金海 7勝7敗
7位 安徽朗坤 6勝8敗 朱誠・周啓豪・于子洋
7位 上海中星 6勝8敗 許昕・崔慶磊・趙子豪
9位 江蘇中超電纜・利永 3勝11敗 孔令軒・蔡偉・張煜東・楊碩
10位 四川長虹 1勝13敗 厳昇・許鋭鋒・頼佳新・頼佳新

女子順位(第14節終了時点・今シーズンは第18節で終了)

順位 チーム 勝敗 主な選手
1位 武漢安心百分百 13勝1敗 劉詩雯・馮亜蘭・銭天一・張瑞
2位 山東魯能 10勝4敗 朱雨玲
3位 吉林長白山農商銀行 9勝5敗 王曼昱・陳可・袁雪ジャオ
3位 深圳大学 9勝5敗 陳夢・孫穎莎
5位 山東斉魯交通 8勝6敗 文佳・陳幸同・武楊
6位 八一京博控股 6勝8敗 孫銘陽・劉㬢・木子・胡麗梅
6位 北京首鋼 6勝8敗
8位 山西大土河・華東理工 5勝9敗
9位 龍福環能 3勝11敗 張薔・朱朝暉・李佳イ
10位 四川穹窿先鋒 1勝13敗 楊惠菁・袁媛・郭艶

男子個人成績(勝利数順)

順位 選手名 勝敗
1位 馬龍(天津権健) 18勝3敗
2位 林高遠(山東魏橋・向尚運動) 17勝2敗
3位 樊振東(八一大商) 15勝4敗
4位 方博(山東魯能) 15勝6敗
5位 周啓豪(安徽朗坤) 15勝9敗

女子個人成績(勝利数順)

順位 選手名 勝敗
1位 劉詩雯(武漢安心百分百) 21勝1敗
2位 王曼昱(吉林長白山農商銀行) 16勝4敗
3位 李佳イ(龍福環能) 16勝9敗
4位 丁寧(北京首鋼) 15勝4敗
5位 王芸迪(深圳大学) 13勝4敗