【卓球ブンデスリーガ】プレーオフ進出チームが決定 森薗政崇は個人成績首位確定

卓球ブンデスリーガ

2018年3月28日、卓球の2017/2018ドイツ・ブンデスリーガ男子1部は第18節が開催され、今シーズンの日程が終了してリーグ戦の順位が確定。プレーオフに進出する4チームが決まりました。

森薗政崇選手が所属しているグリューンヴェッターズバッハは最終節で勝利を上げるも最終順位は7位。昨年同様、プレーオフに進出することは出来ませんでした。

しかし森薗政崇選手は個人成績16勝4敗で首位を獲得。16勝5敗で首位を獲得した昨シーズンに続き、2年連続で個人成績トップという快挙を達成しました。

来シーズン、森薗政崇選手は日本初のプロ卓球リーグとなるTリーグに参戦予定。日本での活躍に期待しましょう!

https://twitter.com/MasaMezase/status/979625377504120832

2017/2018 ドイツ・ブンデスリーガ男子1部 第18節(3/28)

グリューンヴェッターズバッハ 3-2 ブレーメン

 チウ・ダン 1(-12、7、-4、-6)3 シュテガー○

森薗政崇 3(-10、5、-9、8、9)2 スッチ

○ワルサー 3(-8、4、13、6)1 O.アサール

 森薗政崇 1(-4、10、-6、-9)3 シュテガー○


○チウ・ダン 3(10、10、4)0 スッチ

 

ミュールハウゼン 3-0 ケーニヒスホーフェン

○Da.ハベソーン 3(8、5、-10、10)1 及川瑞基

○イオネスク 3(17、9、-8、-7、11)2 ヨルジッチ

○ヤンカリク 3(9、-8、9、9)1 オルト

2017/2018 ドイツ・ブンデスリーガ男子1部 順位

上位4チームがプレーオフ進出

順位 チーム 選手
1位 ボルシア・デュッセルドルフ ボル、フェガール、シェルベリ、K.カールソン
2位 フルダ・マーバーツェル フィルス、グロート、王熹
3位 オクセンハウゼン 村松雄斗、S.ゴジィ、ディヤス、カルデラノ
4位 ザールブリュッケン フランチスカ、トキッチ、アポローニャ、バウム
5位 ブレーメン シュテガー、スッチ、ランビエ
6位 ミュールハウゼン Da.ハベソーン、イオネスク、ヤンカリク
7位 グリューンヴェッターズバッハ 森薗政崇、ワルター、チウ・ダン、ウォーカー
8位 ベルクノイシュタッド デューダ、ロブレス、アチャンタ
9位 ケーニヒスホーフェン 及川瑞基、ヨルジッチ、オルト、シェラー
10位 グレンツァオ  シュリクター、ゲラシメンコ、チオテイ

2017/2018 ドイツ・ブンデスリーガ男子1部 個人成績トップ10

1位:森薗政崇(グリューンヴェッターズバッハ)16勝4敗

2位:王熹(フルダ・マーバーツェル):16勝7敗

3位:K.カールソン(ボルシア・デュッセルドルフ):15勝6敗

4位:シェルベリ(ボルシア・デュッセルドルフ):15勝7敗

5位:シュテガー(ブレーメン):18勝11敗

6位:カルデラノ(オクセンハウゼン):14勝7敗

7位:S.ゴズィ (オクセンハウゼン):12勝5敗

8位:ボル(ボルシア・デュッセルドルフ):8勝1敗

9位:フランチスカ(ザールブリュッケン):16勝11敗

10位:デューダ(ベルクノイシュタッド):17勝12敗