【卓球ECL】ボルシア・デュッセルドルフと水谷所属のオレンブルク決勝進出

卓球ヨーロッパチャンピオンズリーグ

2017/2018ヨーロッパチャンピオンズリーグは2018年4月6日、ホーム・アンド・アウェー方式で行われる準決勝の第2戦が各地で行われ、決勝に進む2チームが決定しました。

昨年の覇者で水谷隼所属のオレンブルク(ロシア)は準決勝第1戦と同様にスポルティング(ポルトガル)を寄せ付けず完勝で決勝進出。

ドイツの強豪ボルシア・デュッセルドルフはブンデスリーガのライバルチーム、オクセンハウゼンに第2戦で勝利し、逆転で決勝進出を決めました。エースのボル選手が1敗を喫するも、K.カールソン選手とフェガール選手がそれぞれ1勝を上げチーム全員で勝利をもぎ取りました。

なお、オクセンハウゼン所属の村松雄斗選手は今シーズンでの退団が本人のツイッターで発表されました。

ヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝第2戦の結果はこちらのページから。

ヨーロッパチャンピオンズリーグ準々決勝第1戦の結果はこちらのページから。

卓球メーカー5社のラケット性能表(2018年版)まとめはこちらのページから。

2017/2018 ヨーロッパチャンピオンズリーグ


男子準決勝 第2戦(ホームアンドアウェー方式)

オレンブルク(ロシア) 3-0 スポルティング(ポルトガル)

○水谷隼 3(9、-12、4、4)1 カラバリョ

○サムソノフ 3(-7、-8、8、8、10)2 モンテイロ

○リヴェンツォフ 3(9、3、3)0 シルバ

※オレンブルクが決勝進出

 

ボルシア・デュッセルドルフ(ドイツ) 3-2 オクセンハウゼン(ドイツ)


○ボル 3(-5、7、7、-8、7)2 S.ゴズィ

 フェガール 1(9、-10、-8、-3)3 カルデラノ○

○K.カールソン 3(2、7、5)0 ディヤス

 ボル 2(-9、3、-11、9、-6)3 カルデラノ○

○フェガール 3(-7、9、4、8)1 S.ゴズィ

※ボルシア・デュッセルドルフが決勝進出