【卓球】2018年全日本ホカバ 松島輝空や張本美和ら次世代のエースが優勝

日本卓球協会

2018年7月27日~28日まで開催された『平成30年度全日本卓球選手権 ホープス・カブ・バンビの部』が閉幕。

それぞれの年代のベスト4までの結果は下記の通り。

8/13~ アジアジュニア卓球選手権大会 日本代表選手はこちらのページから。

2018年ワールドツアー開催スケジュール全結果こちらのページ

男子


ホープス男子

全日本ホープス男子

(引用元:日本卓球協会公式サイト)

優勝:松島輝空(木下グループ/京都/5年)

準優勝:田畑雄飛(T.Cマルカワ/岡山/6年)

3位:吉山和希(TC中原/埼玉/5年)

3位:薜大斗(かほくジュニア/石川/6年)

ホープス男子決勝スコア

松島輝空(木下グループ/京都)6、3、-10、7 田畑雄飛(T.Cマルカワ/岡山)

カブ男子

優勝:渡部民人(偉関TTL/東京/4年)

準優勝:日野湊介(柏ソレイユ/千葉/4年)

3位:中野琥珀(岸田クラブ/神奈川/3年)

3位:佐々木雄大(片山卓球クラブ/福岡/4年)

カブ男子決勝スコア

渡部民人(偉関TTL/東京)5、5、4 日野湊介(柏ソレイユ/千葉)

バンビ男子

優勝:立川凜(インフTTS/広島/2年)

準優勝:大野颯真(ABBEY/鹿児島/1年)

3位:加瀬楓真(千城クラブ/千葉/2年)

3位:小林右京(ピンテック/愛知/1年)


バンビ男子決勝スコア

立川凜(インフTTS/広島)4、7、8 大野颯真(ABBEY/鹿児島)

女子

ホープス女子

全日本ホープス女子

(引用元:日本卓球協会公式サイト)

優勝:吉田一葉(さくら組ジュニア/山口/6年)

準優勝:面手凛(T.Cマルカワ/岡山/5年)

3位:栗山優菜(AQクラブ/福岡/6年)

3位:青木咲智(石田卓球クラブ/福岡/5年)

ホープス女子決勝スコア

吉田一葉(さくら組ジュニア/山口)-8、8、8、6 面手凛(T.Cマルカワ/岡山)

カブ女子

優勝:張本美和(木下グループ/宮城/4年)

準優勝:竹谷美涼(初喜TTC/福岡/4年)

3位:髙森愛央(T.Cマルカワ/岡山/4年)

3位:佐藤希未(マイダス/埼玉/3年)

カブ女子決勝スコア

張本美和(木下グループ/茨城)7、4、4 竹谷美涼(初喜TTC/福岡)

バンビ女子

優勝:髙橋青葉(TIT/群馬/2年)

準優勝:渡辺葵(新発田ジュニア/新潟/2年)

3位:廣田夢里(岸田クラブ/神奈川/2年)

3位:岩本詩菜(石田卓球クラブ/福岡/2年)

バンビ女子決勝スコア

髙橋青葉(TIT/群馬)-7、-8、8、6、7 渡辺葵(新発田ジュニア/新潟)

 

卓球メーカー8社のラバー性能比較表(2018年版)こちらのページ

卓球メーカー5社のラケット性能表(2018年版 5/29追記)こちらのページから。