【卓球】男子ワールドカップ(W杯)シングルス 歴代優勝者 入賞者 チャンピオン【卓球の歴史】

男子ワールドカップ

卓球男子ワールドカップ(男子W杯)シングルス2000年以降の結果(3位まで)をまとめました。

1980年にスタートした男子ワールドカップ、現在は毎年開催されています。

 

男子の最多優勝回数は4回で中国の馬琳樊振東(中国)。

2位はサムソノフ(ベラルーシ)、王皓(中国)の3回。

日本男子の3位以上入賞は2019年張本智和の2位が最高で日本選手唯一の入賞です。

2020年


優勝:樊振東(中国)

2位:馬龍(中国)

3位:張本智和

2019年

優勝:樊振東(中国)

2位:張本智和

3位:林昀儒(チャイニーズタイペイ)

2018年

優勝:樊振東(中国)

2位:ボル(ドイツ)


3位:林高遠(中国)

2017年

優勝:オフチャロフ(ドイツ)

2位:ボル(ドイツ)

3位:馬龍(中国)

2016年

優勝:樊振東(中国)

2位:許昕(中国)

3位:黄鎮廷(中国香港)

2015年

優勝:馬龍(中国)

2位:樊振東(中国)

3位:オフチャロフ(ドイツ)

2014年

優勝:張継科(中国)

2位:馬龍(中国)

3位:ボル(ドイツ)

2013年

優勝:許昕(中国)

2位:サムソノフ(ベラルーシ)

3位:オフチャロフ(ドイツ)

2012年

優勝:馬龍(中国)

2位:ボル(ドイツ)

3位:サムソノフ(ベラルーシ)

2011年

優勝:張継科(中国)

2位:王皓(中国)

3位:朱世赫(韓国)

2010年

優勝:王皓(中国)

2位:張継科(中国)

3位:ボル(ドイツ)

2009年

優勝:サムソノフ(サムソノフ)

2位:陳杞(中国)

3位:馬龍(中国)

2008年

優勝:王皓(中国)

2位:ボル(ドイツ)

3位:馬龍(中国)

2007年

優勝:王皓(中国)

2位:柳承敏(韓国)

3位:王励勤(中国)

2006年

優勝:馬琳(中国)

2位:王皓(中国)

3位:王励勤(中国)

2005年

優勝:ボル(ドイツ)

2位:王皓(中国)

3位:馬琳(中国)

2004年

優勝:馬琳(中国)

2位:クレアンガ(ギリシャ)

3位:王皓(中国)

2003年

優勝:馬琳(中国)

2位:クレアンガ(ギリシャ)

3位:王励勤(中国)

2002年

優勝:ボル(ドイツ)

2位:孔令輝(中国)

3位:プリモラッツ(クロアチア)

2001年

優勝:サムソノフ(ベラルーシ)

2位:王励勤(中国)

3位:ロスコフ(ドイツ)

2000年

優勝:馬琳(中国)

2位:金擇洙(韓国)

3位:王励勤(中国)