【卓球】2021東アジアホープス卓球大会 日本代表選手が決定 2021年12月開催

日本卓球協会

2021年12月3日~5日まで福岡県の北九州市立総合体育館で開催される『第30回 東アジアホープス卓球大会』に出場する日本代表選手が日本卓球協会から発表されました。

1月29日~31日まで同体育館で開催された『東アジアホープス日本代表選考会』で上位の成績を残した男女10名ずつが代表権を獲得しました。

男子日本代表選手(ホープス)


  • 岩井田駿斗(HZF・山口・5年)
  • 川上流星(新発田ジュニア・新潟・5年)
  • 郡司景斗(スマイルTC・宮﨑・5年)
  • 伊藤佑太(イトウTTC・香川・5年)
  • 大槻翼(綾部紫遊クラブ・京都・5年)
  • 畠山陽(新発田ジュニア・新潟・5年)
  • 吉田蒼(上越ジュニア・新潟・5年)
  • 原井敢田(アカシア・福岡・5年)
  • 浅見昴希(松山TTS・埼玉・5年)
  • 大野颯真(ABBEY・鹿児島・3年)

女子日本代表選手(ホープス)

  • 井上真夕(ALLSTAR・兵庫・5年)
  • 藤本和花(丸善クラブ・東京・5年)
  • 三島悠葵(羽佳卓球倶楽部・東京・5年)
  • 吉田璃乃(トコチル・埼玉・5年)
  • 利光里菜(速見クラブ(Jr)・大分・5年)
  • 香取悠珠子(卓桜会栃木卓球センター・栃木・5年)
  • 佐藤希未(TKOクラブ・埼玉・5年)
  • 安藤海凜(明野ジュニア・大分・5年)
  • 松本結鶴(CRANE・徳島・5年)
  • 深山稟心(ヒゴ鏡卓球クラブ・熊本・5年)