【卓球Tリーグ】2020-2021シーズン後期MVPは張本智和と加藤美優

ノジマTリーグ

Tリーグは2月24日、2020-2021シーズン後半戦(2021年1月から2月)における『ノジマTリーグ 2020-2021シーズン後期 ノジマMVP賞』に、張本智和(木下マイスター東京)と加藤美優(日本ペイントマレッツ)を選出したと発表しました。

ノジマTリーグ 2020-2021シーズン後期 ノジマMVP賞(男子)


張本智和(木下マイスター東京)

選考理由

16マッチに出場し15勝。9割を超える勝率で後半戦勝利数1位に輝いた。

ビクトリーマッチでは5マッチに出場し全勝するなど、逆転でのチームのレギュラーシーズン1位に大きく貢献した。

ノジマTリーグ 2020-2021シーズン後期 ノジマMVP賞(女子)

加藤美優(日本ペイントマレッツ)

選考理由

後半戦の13勝はマッチ勝利数トップ。勝負所での活躍が光り、後半戦のチーム勝利の5勝のうち4試合で、シングルスとビクトリーマッチでの2勝をあげており、活躍がチームの勝利へつながる、大車輪の働きを見せた。