2022全日本卓球選手権 最終順位 伊藤美誠、早田ひな、戸上隼輔が2冠

全日本卓球

2022年1月24日から30日まで東京体育館で『天皇杯・皇后杯 2022年全日本卓球選手権大会』が開催。

男子シングルス、女子シングルス、男子ダブルス、女子ダブルス、混合ダブルス、ジュニア男子シングルス、ジュニア女子シングルスの最終順位は下記の通り。

 

男子ダブルスは戸上隼輔/宇田幸矢が優勝。

女子ダブルスは伊藤美誠/早田ひなが優勝。

2022全日本

2022年全日本選手権 女子シングルス 組み合わせ

男子シングルス


優勝:戸上隼輔(明治大)

2位:松平健太(ファースト)

3位:吉村真晴(愛知ダイハツ)

3位:丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス)

ベスト8:吉山僚一(愛工大名電高)

ベスト8:松下大星(クローバー歯科カスピッズ)

ベスト8:吉田雅己(木下グループ)

ベスト8:上田仁(T.T彩たま)

女子シングルス

優勝:伊藤美誠(スターツ)

2位:早田ひな(日本生命)

3位:加藤美優(日本ペイントマレッツ)


3位:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

ベスト8:大藤沙月(ミキハウス)

ベスト8:長崎美柚(日本生命)

ベスト8:佐藤瞳(ミキハウス)

ベスト8:木村光歩(中国電力)

男子ダブルス

優勝:宇田幸矢/戸上隼輔(明治大)

2位:張本智和/森薗政崇(木下グループ/BOBSON)

3位:藤村友也/松下海輝(日鉄物流ブレイザーズ)

3位:大島祐哉/田添健汰(木下グループ)

ベスト8:後藤卓也/渡辺裕介(協和キリン)

ベスト8:上田仁/神巧也(T.T彩たま)

ベスト8:笠原弘光/酒井明日翔(シチズン時計)

ベスト8:中村煌和/萩原啓至(愛工大名電高)

女子ダブルス

優勝:伊藤美誠/早田ひな(スターツ/日本生命)

2位:宋恵佳/成本綾海(中国電力)

3位:永尾尭子/南波侑里香(サンリツ/日本ペイントマレッツ)

3位:石川佳純/平野美宇(全農/日本生命)

ベスト8:佐藤瞳/橋本帆乃香(ミキハウス)

ベスト8:野村萌/森田彩音(デンソー)

ベスト8:長崎美柚/木原美悠(日本生命/JOCエリートアカデミー/星槎)

ベスト8:芝田沙季/大藤沙月(ミキハウス/四天王寺高)

混合ダブルス

優勝:張本智和/早田ひな(木下グループ/日本生命)

2位:吉村真晴/鈴木李茄(愛知ダイハツ/昭和電工マテリアルズ)

3位:田添健汰/張本美和(木下グループ/木下アカデミー)

3位:宇田幸矢/木原美悠(明治大/JOCエリートアカデミー/星槎)

ベスト8:前出陸杜/出雲美空(高田高/エクセディ)

ベスト8:坂根翔大/塩見真希(関西卓球アカデミー/ミキハウス)

ベスト8:五十嵐史弥/杉田陽南(早稲田大)

ベスト8:硴塚将人/森田彩音(協和キリン/デンソー)

ジュニア男子シングルス

優勝:吉山僚一(愛工大名電高)

2位:松島輝空(星槎中)

3位:鈴木颯(愛工大名電高)

3位:三木隼(野田学園高)

ベスト8:岩井田雄斗(野田学園高)

ベスト8:飯村悠太(野田学園高)

ベスト8:坂井雄飛(愛工大名電中)

ベスト8:徳田幹太(野田学園高)

ジュニア女子シングルス

優勝:木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎)

2位:張本美和(木下アカデミー)

3位:由本楓羽(香ヶ丘リベルテ高)

3位:面手凛(山陽学園中)

ベスト8:青井さくら(明徳義塾中・高)

ベスト8:赤江夏星(香ヶ丘リベルテ高)

ベスト8:原芽衣(四天王寺高)

ベスト8:首藤成美(希望が丘高)