ITTFワールドツアー・ジャパンオープン荻村杯 歴代優勝者まとめ【卓球】

卓球ワールドツアー2018

1989年にスタートした『ITTFジャパンオープン荻村杯』歴代シングルス優勝者をまとめました。

1994年に亡くなった第3代国際卓球連盟会長の荻村伊智朗氏の功績をたたえ、1995年大会から「荻村杯」と銘打たれています。

日本選手のシングルス優勝者は、2011年の岸川聖也、2012年の水谷隼、2013年の塩野真人、2013年の福原愛、2018年の張本智和伊藤美誠の6選手です。

男子最多優勝回数は3回でワルドナー(スウェーデン)とボル(ドイツ)の2選手。

女子最多優勝回数は4回で王楠(中国)となっています。

ITTFジャパンオープン荻村杯 歴代シングルス優勝者


1989年

男子:馬文革(中国)

女子:チャン・タン・ルイ(中国香港)

1990年

男子:ワルドナー(スウェーデン)

女子:陳子荷(中国)

1991年

男子:ワルドナー(スウェーデン)


女子:鄧亜萍(中国)

1992年

男子:王涛(中国)

女子:鄧亜萍(中国)

1993年

男子:王涛(中国)

女子:チャイ・ポーワ(中国香港)

1994年

男子:黄文冠(カナダ)

女子:唐薇依

1995年

男子:丁松(中国)

女子:朴海晶

1996年

男子:丁松(中国)

女子:喬紅(中国)

1997年

男子:ワルドナー(スウェーデン)

女子:王晨(中国)

1998年

男子:孔令輝(中国)

女子:李菊(中国)

1999年

男子:サムソノフ(ベラルーシ)

女子:王楠(中国)

2000年

男子:王励勤(中国)

女子:王楠(中国)

2001年

男子:蒋澎龍(チャイニーズタイペイ)

女子:王楠(中国)

2002年

男子:クレアンガ(ギリシャ)

女子:金璟娥(韓国)

男子アンダー21:張継科(中国)

2003年

男子:ボル(ドイツ)

女子:郭躍(中国)

2004年

男子:陳杞(中国)

女子:張怡寧(中国)

男子アンダー21:岸川聖也

2005年

男子:ボル(ドイツ)

女子:張怡寧(中国)

2006年

男子:王励勤(中国)

女子:王越古(シンガポール)

2007年

男子:王皓(中国)

女子:王楠(中国)

男子アンダー21:水谷隼

2008年

男子:馬琳(中国)

女子:張怡寧(中国)

2009年

男子:呉尚垠(韓国)

女子:朴美英(韓国)

2010年

男子:ボル(ドイツ)

女子:王越古(シンガポール)

男子アンダー21:林高遠(中国)

2011年

男子:岸川聖也

女子:馮天薇(シンガポール)

2012年

男子:水谷隼

女子:シェン・イェンフェイ(スペイン)

女子アンダー21:石川佳純

2013年

男子:塩野真人

女子:福原愛

2014年

男子:于子洋(中国)

女子:馮天薇(シンガポール)

男子アンダー21:カルデラノ(ブラジル)

女子アンダー21:森さくら

2015年

男子:許昕(中国)

女子:陳夢(中国)

男子アンダー21:大島祐哉

女子アンダー21:佐藤瞳

2016年

男子:樊振東(中国)

女子:劉詩雯(中国)

男子アンダー21:張本智和

2017年

男子:馬龍(中国)

女子:孫穎莎(中国)

男子アンダー21:林鐘勲(韓国)

2018年

男子:張本智和

女子:伊藤美誠

2019年

男子:許昕(中国)

女子:孫穎莎(中国)