【ワールドツアー】7/17~韓国オープン 日本&中国エントリー選手 2017年大会結果【卓球】

卓球ワールドツアー2018

2018年7月17日~7月22日まで韓国の大田で「ITTFワールドツアープラチナ・韓国オープン」が開催予定。

6/6~6/10開催ジャパンオープンの次のITTFワールドツアーとなっています。

現時点で判明している日本の出場選手及び中国の出場選手は下記の通り。昨年、2017年の韓国オープンの結果もまとめました。


※2018-07-16 追記

韓国と北朝鮮は男女ダブルスと混合ダブルスで南北合同チームを結成する模様。北朝鮮が韓国オープンに参加することは史上初めてとのことです。

 

※2018-07-04 追記

木造勇人、及川瑞基、加藤美優、浜本由惟ら追加出場が発表された選手を追記しました

7/24~プラチナ・オーストラリアオープンの日本エントリー選手などはこちらのページ

8/18~アジア競技大会2018の日本代表選手と前回大会の結果こちらのページ

2018年ワールドツアー開催スケジュール全結果こちらのページ

ワールドツアープラチナ・韓国オープン エントリー選手


日本男子エントリー選手

  1. 丹羽孝希(スヴェンソン)世界ランキング:9位
  2. 張本智和(JOCエリートアカデミー)世界ランキング:10位
  3. 水谷隼(木下グループ)世界ランキング:13位
  4. 松平健太(木下グループ)世界ランキング:14位
  5. 上田仁(シェークハンズ)世界ランキング:23位
  6. 吉田雅己(FPC)世界ランキング:27位
  7. 大島祐哉(木下グループ)世界ランキング:36位
  8. 森薗政崇(FPC)世界ランキング:55位
  9. 吉村和弘(愛知工業大学)世界ランキング:75位
  10. 宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)世界ランキング:110位※JNT派遣
  11. 戸上隼輔(野田学園高校)世界ランキング:241位 ※JNT派遣
  12. 田中佑汰(愛工大名電高校)※JNT派遣
  13. 曽根翔(愛工大名電高校)※JNT派遣

※2018-07-04 追記

  • 三部航平(専修大学)世界ランキング:280位
  • 木造勇人(愛知工業大学)世界ランキング:101位
  • 松山祐季(愛知工業大学)世界ランキング:165位
  • 髙見真己(愛知工業大学)世界ランキング:148位
  • 及川瑞基(専修大学)世界ランキング:75位
  • 金光宏暢(大原学園)世界ランキング:269位

日本女子エントリー選手

  1. 石川佳純(全農)世界ランキング:4位
  2. 平野美宇(日本生命)世界ランキング:7位
  3. 伊藤美誠(スターツSC)世界ランキング:6位
  4. 佐藤瞳(ミキハウス)世界ランキング:14位
  5. 早田ひな(日本生命)世界ランキング:16位
  6. 長﨑美柚(JOCエリートアカデミー/大原学園)世界ランキング:52位
  7. 相馬夢乃(遊学館高校)世界ランキング:289位
  8. 大藤沙月(ミキハウスJSC)世界ランキング:81位
  9. 塩見真希(四天王寺高校)世界ランキング:42位
  10. 木原美悠(JOCエリートアカデミー)世界ランキング:84位

※2018-07-04 追記

  • 加藤美優(日本ペイントホールディングス)世界ランキング:18位
  • 芝田沙季(ミキハウス)世界ランキング:20位
  • 橋本帆乃香(ミキハウス)世界ランキング:24位
  • 森さくら(日本生命)世界ランキング:35位
  • 浜本由惟(木下グループ)世界ランキング:27位
  • 安藤みなみ(専修大学)世界ランキング:74位
  • 森薗美月(木下グループ)世界ランキング:102位
  • 松平志穂(日本ペイントホールディングス)世界ランキング:448位

 

※世界ランキングは2018年6月発表


中国男子エントリー選手

  1. 林高遠
  2. 許昕
  3. 張継科
  4. 王楚欽
  5. 方博
  6. 閻安
  7. 薛飛
  8. 梁靖崑
  9. 周啓豪
  10. 周凱

中国女子エントリー選手

  1. 陳夢
  2. 朱雨玲
  3. 王曼昱
  4. 陳幸同
  5. 丁寧
  6. 劉詩雯
  7. 孫穎莎
  8. 馮亜蘭
  9. 顧玉婷
  10. 李佳イ
  11. 胡麗梅

北朝鮮男子 エントリー選手

  1. パク・シンヒョク
  2. チェ・イル
  3. ロ・カンジン
  4. アン・ジソン
  5. ハム・ユソン
  6. リ・カンミョン
  7. キム・ソングン
  8. キム・ヒョンジン

北朝鮮女子 エントリー選手

  1. キム・ソンイ
  2. チャ・ヒョシム
  3. キム・ナムへ
  4. リ・ヒョシンム
  5. チェ・ヒョンファ
  6. ジョン・ウンジュ
  7. ピョン・ソンギョン
  8. キム・ソルソン

韓国オープン 2017年大会結果

男子シングルス

優勝:ボル(ドイツ)

準優勝:フランチスカ(ドイツ)

3位:吉村真晴

3位:林鐘勲(韓国)

女子シングルス

優勝:馮天薇(シンガポール)

準優勝:石川佳純

3位:平野美宇

3位:陳思羽(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

優勝:張禹珍/丁祥恩(韓国)

準優勝:フランチスカ(ドイツ)/グロート(デンマーク)

3位:洪子翔/楊恆韋(チャイニーズタイペイ)

3位:鄭栄植/李尚洙(韓国)

女子ダブルス

優勝:シャン・シャオナ/ゾルヤ(ドイツ)

準優勝:早田ひな/伊藤美誠

3位:田志希/梁夏銀(韓国)

3位:陳思羽/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)

卓球メーカー8社のラバー性能比較表(2018年版)こちらのページ

卓球メーカー5社のラケット性能表(2018年版 5/29追記)こちらのページから。

2018年ワールドツアー開催スケジュール全結果こちらのページ

8/13~アジアジュニア卓球選手権の日本代表選手など大会情報はこちらのページ