【アジア大会】8/26~アジア競技大会2018 エントリー選手&2014年大会結果【卓球】

アジア競技大会2018

2018年8月18日~9月2日までインドネシアのジャカルタで『アジア競技大会2018』が開催予定。8月26日から卓球競技がスタートします。

日本卓球協会から発表された日本代表選手、男女各4名は下記の通りです。

前回大会の2014年大会は全種目で中国が優勝。

日本は女子団体が銀メダル、男子団体と男子ダブルスの松平健太/丹羽孝希、混合ダブルスの岸川聖也/福原愛が銅メダルと4つのメダルを獲得した大会でした。


※2018-07-17 追記

中国男子、中国女子のエントリー選手を追記しました。

女子は朱雨玲、陳夢、王曼昱ら現時点のベストメンバーと言える布陣です

2018アジア競技大会 団体の結果はこちらのページ

アジア競技大会2018 混合ダブルスの結果はこちらのページ

アジア競技大会 シングルスの結果こちらのページ

2018年ワールドツアー開催スケジュール全結果こちらのページ

アジア競技大会2018(第18回)エントリー選手


日本男子エントリー選手

  1. 松平健太(木下グループ)世界ランキング:14位
  2. 森薗政崇(FPC)世界ランキング:55位
  3. 上田仁(シェークハンズ)世界ランキング:23位
  4. 吉田雅己(FPC)世界ランキング:27位

日本女子エントリー選手

  1. 加藤美優(日本ペイントホールディングス)世界ランキング:20位
  2. 浜本由惟(木下グループ)世界ランキング:34位
  3. 前田美優(日本生命)世界ランキング:44位
  4. 安藤みなみ(専修大学)世界ランキング:64位
  5. 森薗美咲(日立化成)世界ランキング:201位

 

※世界ランキングは2018年6月発表

中国男子 エントリー選手

  • 樊振東
  • 林高遠
  • 王楚欽
  • 梁靖崑
  • 薛飛

2018-07-17 追記しました

中国女子 エントリー選手

  • 朱雨玲
  • 陳夢
  • 王曼昱
  • 陳幸同
  • 孫穎莎

2018-07-17 追記しました


アジア競技大会2014(第17回)大会結果

男子シングルス

優勝:許昕(中国)

ベスト8:水谷隼、丹羽孝希

女子シングルス

優勝:劉詩雯(中国)

ベスト8:福原愛、石川佳純

男子ダブルス

優勝:馬龍/張継科(中国)

3位:松平健太/丹羽孝希

ベスト8:水谷隼/岸川聖也

女子ダブルス

優勝:朱雨玲/陳夢(中国)

ベスト8、石川佳純/平野早矢香、福原愛/若宮三紗子

男子団体

優勝:中国

3位:日本(水谷隼、松平健太、岸川聖也、丹羽孝希、村松雄斗)

女子団体

優勝:中国

2位:日本(福原愛、石川佳純、平野早矢香、若宮三紗子、平野美宇)

混合ダブルス

優勝:キム・ヒョクボン/キム・ジョン

3位:岸川聖也/福原愛

卓球メーカー8社のラバー性能比較表(2018年版)こちらのページ

Tリーグ参加8チームの所属選手まとめ(8/2追記)はこちらのページ