【グランドファイナル】ワールドツアーグランドファイナル大会事前情報(12/12更新)【卓球】

グランドファイナル2018

2018年12月13日~16日まで韓国で開催予定の『2018 ITTFワールドツアーグランドファイナル』。

各種目の出場資格を有する選手は下記の通り。

出場資格はないものの、大島祐哉は17人目、吉村和弘は19人目のリザーブ選手としてエントリーされています。


2018-12-12 大島祐哉が男子シングルスに繰り上げ出場を追記しました

2018-11-21 男子ダブルス出場選手変更を追記しました

樊振東

(引用元:国際卓球連盟公式サイト)

他のオススメ記事

2017年ITTFワールドツアーグランドファイナルの結果はこちらのページ

Tリーグ参加8チームの所属選手まとめはこちらのページ

Tリーグ2018/2019シーズン日程表こちらのページから。

男子シングルス

  1. 許昕(中国):世界ランキング2位
  2. 樊振東(中国):世界ランキング1位
  3. 馬龍(中国):世界ランキング11位大島祐哉が繰り上げ出場
  4. 梁靖崑(中国):世界ランキング80位
  5. 張本智和(日本):世界ランキング6位
  6. 張禹珍(韓国):世界ランキング21位
  7. 林高遠(中国):世界ランキング4位
  8. カルデラノ(ブラジル):世界ランキング9位
  9. 水谷隼(日本):世界ランキング19位
  10. フランチスカ(ドイツ):世界ランキング13位
  11. 林鐘勲(韓国):世界ランキング22位
  12. 李尚洙(韓国):世界ランキング7位
  13. 黄鎮廷(中国香港):世界ランキング8位
  14. 劉丁碩(中国):世界ランキング84位
  15. 丹羽孝希(日本):世界ランキング10位
  16. ボル(ドイツ):世界ランキング3位

男子ダブルス

  1. 鄭栄植/李尚洙(韓国)
  2. 森薗政崇/大島祐哉(日本)
  3. 馬龍/許昕(中国)
  4. 何鈞傑/黄鎮廷(香港)
  5. 廖振挺/林昀儒(チャイニーズタイペイ)
  6. 張禹珍/林鐘勲(韓国)
  7. フランチスカ/グルーツ(ドイツ/デンマーク)→陳建安/荘智淵(チャイニーズタイペイ)
  8. ファルク/Kカールソン(スウェーデン)フィルス/ワルター(ドイツ)

女子シングルス

  1. 王曼昱(中国):世界ランキング5位
  2. 石川佳純(日本):世界ランキング3位
  3. 劉詩雯(中国):世界ランキング6位
  4. 伊藤美誠(日本):世界ランキング7位
  5. 丁寧(中国):世界ランキング2位
  6. 陳夢(中国):世界ランキング4位
  7. 朱雨玲(中国):世界ランキング1位
  8. 徐孝元(韓国):世界ランキング12位
  9. 鄭怡静(チャイニーズタイペイ):世界ランキング8位
  10. 陳幸同(中国):世界ランキング10位
  11. 佐藤瞳(日本):世界ランキング13位
  12. 何卓佳(中国):世界ランキング91位
  13. 平野美宇(日本):世界ランキング9位
  14. 孫穎莎(中国):世界ランキング35位
  15. 馮天薇(シンガポール):世界ランキング11位
  16. 芝田沙季(日本):世界ランキング17位

女子ダブルス

  1. 早田ひな/伊藤美誠(日本)
  2. 陳幸同/孫穎莎(中国)
  3. 田志希/梁夏銀(韓国)
  4. 陳可/王曼昱(中国)
  5. 劉高陽/張瑞(中国)
  6. 杜凱栞/李皓晴(中国香港)
  7. 橋本帆乃香/佐藤瞳(日本)
  8. 呉穎嵐/蘇慧音(中国香港)

混合ダブルス

  1. 李尚洙/田志希(韓国)
  2. 張禹珍/チャ・ヒョシム(韓国/北朝鮮)
  3. 陳建安/鄭怡静(チャイニーズタイペイ)
  4. 林鐘勲/梁夏銀(韓国)
  5. 吉村真晴/石川佳純(日本)
  6. 森薗政崇/伊藤美誠(日本)
  7. 黄鎮廷/杜凱栞(中国香港)
  8. ピスチェイ/バラゾバ(スロバキア)

 

張本智和が史上最年少優勝 2018ワールドツアー・グランドファイナル シングルス【卓球】

2018.12.12

早田ひな/伊藤美誠が優勝 2018ワールドツアー・グランドファイナル ダブルス【卓球】

2018.12.12
ボル

(引用元:国際卓球連盟公式サイト)

他に読まれている記事

2017年ITTFワールドツアーグランドファイナルの結果はこちらのページ

2018年ワールドツアー開催スケジュール全結果こちらのページ