【世界チャンピオン】世界卓球選手権 シングルス 優勝者一覧【卓球の歴史】

荻村伊智朗

世界卓球選手権 シングルスの優勝者(世界チャンピオン)をまとめました。

現在世界選手権は個人戦と団体戦が毎年交互に開催されています。

 

男子の最多優勝回数は5回でハンガリーのバルナ(1930年代)。

2位は王励勤(中国)と荘則棟(中国)、馬龍(中国)の3回。

日本男子の最多優勝は荻村伊智朗田中利明の2回。(2人は決勝で2度対戦し1勝1敗)

 

女子の最多優勝回数は6回でルーマニアのロゼアヌ(1950年代)。

2位は丁寧(中国)、王楠(中国)、鄧亜萍(中国)の3回。

日本女子松崎キミ代が2回の優勝。

 

日本の男女アベック優勝は過去4回。

 

写真は1950年代の日本の黄金期を牽引した荻村伊智朗氏(世界選手権で日本人最多である計12個の金メダルを獲得


荻村伊智朗

(引用元:ITS三鷹卓球クラブ

世界選手権 シングルス 優勝者


2019年

男子:馬龍(中国)

女子:劉詩雯(中国)

2017年

男子:馬龍(中国)

女子:丁寧(中国)

2015年

男子:馬龍(中国)

女子:丁寧(中国)

2013年

男子:張継科(中国)

女子:李暁霞(中国)

2011年

男子:張継科(中国)

女子:丁寧(中国)

2009年

男子:王皓(中国)

女子:張怡寧(中国)

2007年

男子:王励勤(中国)

女子:郭躍(中国)

2005年

男子:王励勤(中国)

女子:張怡寧(中国)

2003年

男子:シュラガー(オーストリア)

女子:王楠(中国)

2001年

男子:王励勤(中国)

女子:王楠(中国)

1999年

男子:劉国梁(中国)

女子:王楠(中国)

1997年

男子:ワルドナー(スウェーデン)

女子:鄧亜萍(中国)

1995年

男子:孔令輝(中国)

女子:鄧亜萍(中国)

1993年

男子:ガシアン(フランス)

女子:玄静和(韓国)

1991年

男子:パーソン(スウェーデン)

女子:鄧亜萍(中国)

1989年

男子:ワルドナー(スウェーデン)

女子:喬紅(中国)

1987年

男子:江加良(中国)

女子:何智麗(中国)

1985年

男子:江加良(中国)

女子:曹燕華(中国)

1983年

男子:郭躍華(中国)

女子:曹燕華(中国)

1981年

男子:郭躍華(中国)

女子:童玲(中国)

1979年

男子:小野誠治(日本)

女子:葛新愛(中国)

1977年

男子:河野満(日本)

女子:パク・ヨンスン(北朝鮮)

1975年

男子:ヨニエル(ハンガリー)

女子:パク・ヨンスン(北朝鮮)

1973年

男子:郗恩庭(中国)

女子:胡玉蘭(中国)

1971年

男子:ベンクソン(スウェーデン)

女子:林慧卿(中国)

1969年

男子:伊藤繁雄(日本)

女子:小和田敏子(日本)

1967年

男子:長谷川信彦(日本)

女子:森澤幸子(日本)

1965年

男子:荘則棟(中国)

女子:深津尚子(日本)

1963年

男子:荘則棟(中国)

女子:松崎キミ代(日本)

1961年

男子:荘則棟(中国)

女子:邱鐘恵(中国)

1959年

男子:容国団(中国)

女子:松崎キミ代(日本)

1957年

男子:田中利明(日本)

女子:江口冨士枝(日本)

1956年

男子:荻村伊智朗(日本)

女子:大川とみ(日本)

1955年

男子:田中利明(日本)

女子:ロゼアヌ(ルーマニア)

1954年

男子:荻村伊智朗(日本)

女子:ロゼアヌ(ルーマニア)

1953年

男子:シド(ハンガリー)

女子:ロゼアヌ(ルーマニア)

1952年

男子:佐藤博治(日本)

女子:ロゼアヌ(ルーマニア)

1951年

男子:リーチ(イングランド)

女子:ロゼアヌ(ルーマニア)

1950年

男子:バーグマン(イングランド)

女子:ロゼアヌ(ルーマニア)

ittf

【卓球】世界選手権 団体戦 優勝国一覧【卓球の歴史】

2018年4月26日
2019世界卓球

2019世界卓球 ブタペスト大会(個人戦)試合スケジュール・日程・大会事前情報

2019年4月13日