【卓球】世界選手権 団体戦 優勝国一覧【卓球の歴史】

ittf

世界卓球選手権団体戦の優勝国をまとめました。

現在世界選手権は個人戦と団体戦が毎年交互に開催されています。

日本が最後に優勝したのは男子が1969年のミュンヘン大会、女子は1971年の名古屋大会。

日本男子は5連覇を含む計7回の優勝。日本女子は計8回の優勝を果たしています。

日本男子は2008年の広州大会以降、2014年の東京大会まで4大会連続で銅メダルを獲得。そして2016年のクアラルンプール大会では39年ぶりとなる銀メダルを獲得しました。2018年ハルムスタッド大会は韓国に破れベスト8に。

日本女子は2001年の大阪大会以降、2010年のモスクワ大会まで5大会連続で銅メダルを獲得。2012年ドルトムント大会は韓国に敗れベスト8に終わったものの、2014年東京大会、2016年クアラルンプール大会、2018年ハルムスタッド大会と3大会連続で銀メダルを獲得

 

かつて世界最強だった日本。再び世界最強となる日が来ることを願ってやみません!

 

写真は1950年代の日本の黄金期を牽引した荻村伊智朗氏(世界選手権で日本人最多である計12個の金メダルを獲得

荻村伊智朗

(引用元:ITS三鷹卓球クラブ

世界卓球選手権団体戦優勝国


2018年(ハルムスタッド)

男子:中国

女子:中国


2016年(クアラルンプール)

男子:中国

女子:中国

2014年(東京)

男子:中国

女子:中国

2012年(ドルトムント)

男子:中国

女子:中国

2010年(モスクワ)

男子:中国

女子:シンガポール

2008年(広州)

男子:中国

女子:中国

2006年(ブレーメン)

男子:中国

女子:中国

2004年(ドーハ)

男子:中国

女子:中国

2001年(大阪)

男子:中国

女子:中国

2000年(クアラルンプール)

男子:スウェーデン

女子:中国

1997年(マンチェスター)

男子:中国

女子:中国

1995年(天津)

男子:中国

女子:中国

1993年(イエテボリ)

男子:スウェーデン

女子:中国

1991年(千葉)

男子:スウェーデン

女子:コリア

1989年(ドルトムント)

男子:スウェーデン

女子:中国

1987年(ニューデリー)

男子:中国

女子:中国

1985年(イエテボリ)

男子:中国

女子:中国

1983年(東京)

男子:中国

女子:中国

1981年(ノビサド)

男子:中国

女子:中国

1979年(ピョンヤン)

男子:ハンガリー

女子:中国