【卓球】日本卓球協会発表 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン 卓球ファン向けまとめ

日本卓球協会

2020年5月30日、日本卓球協会は『新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン』を発表しました。

卓球選手や卓球愛好会、学生や小中高生の卓球部員ら卓球ファン、卓球プレイヤーが注意しなければいけない点をまとめました。

マスク等の準備


・練習参加者はマスクを持参すること

練習中のマスクの着用は不要であるが、練習以外の時間、特に会話する時には、マスクの着用を求める

更衣室

・更衣室は原則として使用しないこと

・練習が出来る服装での来場を推奨する

練習内容について

・当面、ダブルスの練習を避けることを推奨する(ITTFガイドラインに準拠)

・当面、練習中のチェンジコート、チェンジエンドは行なわない(ITTFガイドラインに準拠)

複数の者が同じボールを使用することを避ける様に努めること(複数コートのボールの混在を避ける)

・タオルの共用はしない


・飲料は自分専用のものを飲み、回し飲みはしない

卓球台の上で手を拭いたりしない

シューズの裏を手で拭くことはしない

握手をしない

・練習の合間に手を洗い除菌する

卓球台や卓球ボールに触れた手で顔を触らない

・卓球場内で大声を出さない

・ミーティング等において、3つの密を避けること、会話時にマスクを着用するなどの感染対策に十分に配慮すること

 

※日本卓球協会新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

http://www.jtta.or.jp/Portals/0/images/association/guidelines/20200530_NTCguideline.pdf.pdf