【速報・卓球世界ジュニア】男子辛くも準決勝 女子はストレートで準決勝へ 2017世界ジュニア

ittf

11月26日~12月3日までイタリアのリーヴァ・デル・ガルダで2017世界ジュニア卓球選手権が開催中。

男女団体の第2ステージ~準々決勝が行われています。

 

男子団体の準々決勝で日本はフランスと対戦。

張本智和選手をケガで欠く布陣でいどんでいる日本チームはフランスに大苦戦。その中で2点起用された田中佑汰選手が2点を上げ、準決勝進出に大きく貢献しました。

女子団体の準々決勝は日本はチャイニーズタイペイにストレート勝ち。準決勝では韓国と対戦します。

 

女子は韓国に勝つと決勝の相手は中国の可能性大。

今回の女子中国は世界ランキング9位と10位に急浮上しワールドツアーで活躍中の孫穎莎選手と王曼昱選手がエントリーしています。日本にとって2連覇を達成するには厳しい戦いになりそうです。

男子団体

準々決勝

日本 3-2 フランス

○木造勇人 3-1 ロラン

○田中佑汰 3-1 ベルトラン


 髙見真己 2-3 ランベール○

 木造勇人 2-3 ベルトラン○

○田中佑汰 3-0 ロラン

第2ステージ

日本 3-1 ドイツ

 宇田幸矢 2-3 ヒップラー○

○木造勇人 3-0 エンゲマン

○髙見真己 3-1 シュトゥンパー

○木造勇人 3-1 ヒップラー


日本 3-0 イタリア

○木造勇人 3-2 アマト

○宇田幸矢 3-2 M.ムッティ

○田中佑汰 3-0 ピント

女子団体

準々決勝

日本 3-0 チャイニーズタイペイ

○加藤美優 3-0 李幼芃

○長﨑美柚 3-2 蘇珮綾

○木原美悠 3-0 陳亭婷

第2ステージ

日本 3-1 中国香港

 加藤美優 1-3 李嘉宜○

○木原美悠 3-1 黃芊柔

○木村光歩 3-0 周穎詩

○加藤美優 3-0 黃芊柔


日本 3-0 セルビア

○長﨑美柚 3-0 ルプレスク

○木村光歩 3-1 スルヤン

○木原美悠 3-1 ビグニェビッチ