【卓球世界ジュニア】日本は男女とも2連覇をかけて決勝へ 2017世界ジュニア選手権

ittf

11月26日~12月3日までイタリアのリーヴァ・デル・ガルダで2017世界ジュニア卓球選手権が開催中。

28日は男女団体の準決勝4試合が行われ、日本は男女ともに2大会連続となる決勝進出を決めました。

男子団体では、勝敗を決める5番に登場した田中佑汰選手が大事な場面でのエッジボールとネットインの不運な失点があっても表情態度とも変わらず冷静にプレー。その姿が審判団やITTF職員から賞賛を呼んでいるとの報道がありました。

素晴らしい精神力とフェアプレーです。

決勝は女子団体が29日(水)25:00(日本時間)。

男子団体は29日(水)27:00(日本時間)スタート予定です。

テレビ東京卓球NEWSでLIVE配信されます。

男子団体 決勝トーナメント(11/28)

準決勝

日本 3-2 韓国

 田中佑汰 2-3 安宰賢○

○木造勇人 3-0 白ヒョギュン

○髙見真己 3-0 郭ユビン

 木造勇人 1-3 安宰賢○

○田中佑汰 3-2 白ヒョギュン


 

中国 3-0 ルーマニア

○薛飛 3-0 プレテア

○王楚欽 3-0 シポシュ

○徐海東 3-1 オプレア

女子団体 決勝トーナメント(11/28)

準決勝

日本 3-0 韓国

○加藤美優 3-0 金裕珍

○木原美悠 3-2 金智淏

○長﨑美柚 3-1 シン・ユビン

 

中国 3-0 ルーマニア

○孫穎莎 3-0 ディアコヌ

○王曼昱 3-0 ドラゴマン

○石洵瑶 3-0 プライアン