【卓球世界ジュニア】混合ダブルス日本の2ペアはベスト16入り 2017世界ジュニア選手権

ittf

11月26日~12月3日までイタリアのリーヴァ・デル・ガルダで2017世界ジュニア卓球選手権が開催中。

29日は男女団体の決勝2試合と混合ダブルスの1回戦~2回戦が行われ、団体決勝で日本は男女ともに中国に敗れ、銀メダルが確定。2大会連続のアベック優勝はなりませんでした。

混合ダブルスでは田中佑汰/長﨑美柚ペアと髙見真己/木村光歩ペアが2回戦で勝ち、ベスト16入りを果たしています。

また、男子シングルス予選グループでは田中佑汰選手がルーマニアの選手に勝利しています。

男子シングルス予選グループ(11/30)

田中佑汰 4-2 オプレア(ルーマニア)

男子団体(11/29)

決勝

中国 3-0 日本

○薛飛 3-1 木造勇人

○王楚欽 3-1 田中佑汰

○徐海東 3-0 高見真己

女子団体(11/29)

決勝

中国 3-1 日本

○孫穎莎 3-1 加藤美優

○王曼昱 3-1 木原美悠

 石洵瑶 1-3 長崎美柚○


○王曼昱 3-0 加藤美優

混合ダブルス (11/29)

2回戦

田中佑汰/長﨑美柚 3(4、7、-2、5)1 ドヴォス/ルン・リサ(ベルギー)

髙見真己/木村光歩 3(-9、6、8、8)1 Ma.ムッティ/ロウレンティ(イタリア)

1回戦

田中佑汰/長﨑美柚 3(7、5、3)0 スペルブス/ザハリア(ルーマニア)

髙見真己/木村光歩 3(2、4、6)0 イシダ/リマ(ブラジル)