【卓球】2020デュッセルドルフ マスターズ 第4戦(6/22-25)試合結果 ベテランのシュテガーが初V【ドイツ】

ボルシアデュッセルドルフ

2020年6月22日~25日までドイツで『デュッセルドルフ マスターズ 第4戦』が開催。

新型コロナウイルス感染症の影響によりワールドツアーやブンデスリーガなど2020年の様々な大会が中止になったなかで、ドイツ卓球協会の支援を受けたボルシア・デュッセルドルフが世界の卓球界の先陣を切ってこの大会を開催することとなりました。

試合は8月まで毎週開催されます。

男子シングルス


決勝

シュテガー(ドイツ)-7、-8、15、7、-7、9、9 チウ・ダン(ドイツ)

準決勝

シュテガー -4、6、6、9、-14、-9、10 デューダ(ドイツ)

チウ・ダン 3、6、3、-9、-7、4 メンゲル(ドイツ)

準々決勝

シュテガー -5、5、11、8、4 ジャー(アメリカ)

デューダ -4、9、9、9、-10、-8、8 ヒップラー(ドイツ)

チウ・ダン 8、6、-7、8、9 ムン・ファンボー(ドイツ)

メンゲル 7、6、10、9 O.アサール(エジプト)


1回戦

ジャー 8、7、6、6 ケーラー(ドイツ)

シュテガー 6、4、4、8 スラニーナ(ドイツ)

ヒップラー 5、8、-10、6、-9、9 メイスナー(ドイツ)

チウ・ダン 9、4、7、5 エンゲマン(ドイツ)

ムン・ファンボー 8、9、-8、10、9 ミノ(エクアドル)

メンゲル 8、10、9、9 ファディエフ(ドイツ)

O.アサール 7、-9、5、7、7 ホフマイヤー(ドイツ)

獲得ポイント順位

1位:オフチャロフ(110ポイント)

2位:チウ・ダン(100ポイント)

3位:メンゲル(60ポイント)

4位:ボル(50ポイント)

4位:O.アサール(50ポイント)

4位:シュテガー(50ポイント)

4位:カナク・ジャー(50ポイント)

8位:ムン・ファンボー(45ポイント)

9位:ヒップラー(35ポイント)

10位:メイスナー(30ポイント)

10位:エンゲマン(30ポイント)

10位:デューダ(30ポイント)

獲得ポイント

優勝:50ポイント

準優勝:30ポイント

3位:20ポイント

ベスト8:10ポイント

1回戦:5ポイント

ボルシアデュッセルドルフ

【卓球】2020デュッセルドルフ マスターズ 第3戦(6/15-17)試合結果 オフチャロフが2戦連続優勝で首位に【ドイツ】

2020年6月19日
ボルシアデュッセルドルフ

【卓球】2020デュッセルドルフ マスターズ 第1戦(6/1-2)試合結果 ボルがV オフチャロフ【ドイツ】

2020年6月1日
ボルシアデュッセルドルフ

【卓球】2020デュッセルドルフ マスターズ 第2戦(6/8-9)試合結果 オフチャロフが優勝【ドイツ】

2020年6月8日