【卓球】2021年 全日本社会人 試合結果 上田仁と長﨑美柚が優勝


2021年10月29日~31日まで山梨県の緑が丘スポーツ公園体育館で『第55回 全日本社会人卓球選手権大会(2021年)』が開催。

男女シングルス、男女ダブルスの試合が行われ、男子シングルスは上田仁、女子シングルスは長﨑美柚が優勝を果たしました。

 

前回大会(2019年)全日本社会人の最終順位 男子は大矢英俊、女子は野村萌が優勝

男子シングルス 準々決勝以降試合結果


決勝

上田仁(T.T彩たま)7、-11、9、4、9 大島祐哉(木下グループ)

準決勝

上田仁(T.T彩たま)-9、10、5、-8、7、6 郡山北斗(リコー)

大島祐哉(木下グループ)5、-10、-14、7、7、1 英田理志(愛媛県競対)

準々決勝

英田理志(愛媛県競対)9、-6、11、8、-8、8 松山祐季(協和キリン)

大島祐哉(木下グループ)7、4、4、8 笠原弘光(シチズン時計)

郡山北斗(リコー)-6、8、-7、8、9、9 町飛鳥(ファースト)

上田仁(T.T彩たま)-9、10、5、-8、7、6 小西海偉(東京アート)

男子シングルス 組み合わせ

男子シングルスの第1シードは前回大会(2019年大会)チャンピオンの大矢英俊

第2シードは小西(吉田)海偉(東京アート)。

2021全日本社会人男子シングルス1

T.T彩たまの神巧也、英田理志、松山祐季らが第1ブロック。

2021全日本社会人男子シングルス2

第2ブロックは前回大会ベスト8で琉球アスティーダの有延大夢がシード。外シードにはチームメイトの平野友樹、村松雄斗が入っています。

2021全日本社会人男子シングルス3

第3ブロックのトップシードは前回ベスト4の上村慶哉。外シードには全日本選手権ベスト8の渡辺裕介、岡山リベッツの町飛鳥が入っています。

2021全日本社会人男子シングルス4

第4ブロックの外シードは前回ベスト8の松平賢二(協和キリン)。ノーシードで木下マイスター東京の田添健汰が入っています。


女子シングルス 準々決勝以降試合結果

決勝

長崎美柚(日本生命)5、10、9、9 橋本帆乃香

準決勝

橋本帆乃香(ミキハウス)7、5、-7、3、6 野村萌(デンソー)

長崎美柚(日本生命)6、7、11、5 鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)

準々決勝

野村萌(デンソー)-7、5、-9、8、9、6 成本綾海(中国電力)

橋本帆乃香(ミキハウス)6、5、5、3 宋恵佳(中国電力)

長崎美柚(日本生命)6、3、4、2 高橋梓海(エクセディ)

鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ)-7、7、-8、9、7、4 前瀧初音(愛媛銀行)

女子シングルス 組み合わせ

女子シングルスの第1シードは前回大会(2019年大会)チャンピオンの野村萌(デンソー)。

第2シードは前回大会ベスト4の庄司有貴(中国電力)です。

前回大会準優勝の安藤みなみは欠場。

2021全日本社会人女子シングルス1

第1ブロックの外シードはTリーグ参戦が決まっている谷岡あゆか。内シードに世界選手権銅メダリストの橋本帆乃香がエントリーされています。

2021全日本社会人女子シングルス2

第2ブロックには内シードに加藤美優、長﨑美柚、塩見真希ら強豪選手がエントリーされています。