【卓球】2018香港オープン 吉村和弘が決勝進出 伊藤は王曼昱に惜敗で銅【卓球】

卓球ワールドツアー2018

2018年5月22日~27日まで香港で『ITTFワールドツアー・香港オープン』が開催中。

26日までにシングルス準々決勝~準決勝、ダブルス準々決勝から準決勝が行われています。

男子シングルスの日本選手、吉村和弘は準々決勝でフィルス(ドイツ)、準決勝で李尚洙(韓国)と世界卓球で活躍した2選手を撃破して準決勝進出が決定。

久しぶりにペアを組んだ森薗政崇/大島祐哉組はフランチスカ(ドイツ)/グロート(デンマーク)組に勝って決勝に進出しています。

準決勝に進んだ伊藤美誠は世界ランキング4位の王曼昱(中国)に3-1とリードしたものの逆転負けで惜しくも決勝進出を逃しました。

https://twitter.com/ittfworld/status/1000352427365707776

香港オープンの1日目、2日目結果はこちらのページ

5/29~ワールドツアー中国オープン日本&中国エントリー選手こちらのページ

6/6~ワールドツアージャパンオープン日本&中国エントリー選手こちらのページ

男子シングルス 決勝トーナメント


準決勝

吉村和弘 4(5、-9、6、-7、12、-10、10)3 林鐘勲(韓国)

趙勝敏(韓国)4(9、-3、4、9、-6、9)2 ZHOU Qihao(中国)

準々決勝

吉村和弘 4(18、6、9、9)0 李尚洙(韓国)

趙勝敏(韓国)4(7、7、1、-9、-10、-6、5)3 吉村真晴


ZHOU Qihao(中国)4(13、9、7、-9、2)1 J.パーソン

林鐘勲(韓国)4(9、3、-10、8、-7、9)2 フレイタス(ポルトガル)

2回戦

吉村真晴 4(3、9、6、7)0 アサル(エジプト)

吉村和弘 4-1 フィルス(ドイツ)

李尚洙(韓国)4-1 上田仁

女子シングルス 決勝トーナメント

準決勝

王曼昱(中国)4(-8、-5、9、-9、6、5、10)3 伊藤美誠

陳幸同(中国)4(-6、3、9、4、7)1 HE Zhuojia(中国)

準々決勝

伊藤美誠 4(10、7、-11、-8、8、9)2 李恩惠(韓国)

2回戦

伊藤美誠 4(-5、4、5、7、-7、10)2 李皓晴(中国香港)

張瑞(中国)4(9、7、8、-11、10)1 平野美宇

男子ダブルス 決勝トーナメント

準決勝

森薗政崇/大島祐哉 3-1 フランチスカ(ドイツ)/グロート(デンマーク)

何鈞傑/黄鎮廷(中国香港)3-2 上田仁/吉村真晴

準々決勝

森薗政崇/大島祐哉 3-1 鄭栄植/李尚洙(韓国)

上田仁/吉村真晴 3-0 GERELL Par/Jon.パーソン(スウェーデン)

女子ダブルス 決勝トーナメント

準決勝

陳幸同/孫穎莎(中国)3-1 早田ひな/伊藤美誠

陳可/王曼昱(中国)3-2 杜凱栞/李皓晴(中国香港)

準々決勝

早田ひな/伊藤美誠 3-0 李清韻/劉麒(中国香港)

陳可/王曼昱(中国)3-2 木原美悠/長﨑美柚

卓球メーカー8社のラバー性能比較表(2018年版)まとめはこちらのページ

卓球メーカー5社のラケット性能表(2018年版)まとめはこちらのページから。