全日本実業団は男子はシチズン時計、女子は日立化成が優勝【卓球】

日本卓球リーグ実業団連盟

2018年7月19日~22日まで鹿児島県の鹿児島アリーナで開催された『全日本実業団選手権大会』が閉幕。

男子はシチズン時計が30年ぶりの優勝。女子は日立化成が3年ぶりの優勝を果たしました。

8/14~ブルガリアオープン 日本エントリー選手や2017年大会の結果はこちらのページ

8/18~アジア競技大会2018の日本代表選手と前回大会の結果こちらのページ

男子


最終順位

全日本実業団シチズン時計

(引用元:日本卓球協会公式サイト

1位:シチズン時計

2位:リコー

3位:東京アート

3位:協和発酵キリン

ベスト8:原田鋼業

ベスト8:信号器材

ベスト8:岡谷市役所

ベスト8:ファースト


決勝

シチズン時計 3-0 リコー

○御内健太郎 3(12、3、9)0 有延大夢

○神巧也 3(5、5、5)0 宮本幸典

○町飛鳥/上村慶哉 3(4、9、9)0 鹿屋良平/有延大夢

準決勝

リコー 3-1 協和発酵キリン

 山本勝也 0(-9、-12、-9)3 平野友樹○

○池田忠功 3(-2、8、-11、2、7)2 笠原弘光

○鹿屋良平/有延大夢 3(9、-9、11、7)1 松平賢二/平野友樹

○有延大夢 3(9、2、7)0 岩渕幸洋

 

シチズン時計 3-2 東京アート

 町飛鳥 1(-7、-6、7、-7)3 高木和卓○

○神巧也 3(9、-9、7、11)1 大矢英俊

○町飛鳥/上村慶哉 3(11、9、6)0 高木和卓/上江洲光志

 上村慶哉 0(-11、-6、-15)3 吉田海偉○

○御内健太郎 3(-7、-8、8、10、7)2 村松雄斗

女子

最終順位

全日本実業団日立化成

(引用元:日本卓球協会公式サイト

1位:日立化成

2位:デンソー

3位:十六銀行

3位:豊田自動織機

ベスト8:サンリツ

ベスト8:中国電力

ベスト8:JR北海道

ベスト8:愛媛銀行

試合結果

決勝

日立化成 3-2 デンソー

○鈴木李茄 3(-5、9、7、11)1 馬場麻裕

○趙琳 3(11、-11、6、8)1 馬克

 鈴木/平 2(8、-8、4、-14、-8)3 永尾/小道野○

 牛嶋星羅 0(-7、-9、-8)3 永尾尭子○

○森薗美咲 3(1、8、8)0 小道野結

準決勝

デンソー 3-0 豊田自動織機

○永尾尭子 3(3、4、9)0 佐藤風薫

○馬克 3(9、7、10)0 田中千秋

○永尾尭子/小道野結 3(-4、5、9、9)1 森美紗樹/平野容子

 

日立化成 3-2 十六銀行

○趙琳 3(9、8、-8、-12、7)2 松澤茉里奈

 牛嶋星羅 0(-7、-5、-9)3 加藤杏華○

○鈴木/平 3(6、7、-1、9)1 加藤/加藤

 市川あずさ 1(-5、6、-7、-5)3 山本怜○

○鈴木李茄 3(-8、14、6、-6、5)2 加藤知秋


2018年ワールドツアー開催スケジュール全結果こちらのページ