日本男子は2位通過 男子グループリーグ結果まとめ【世界卓球2018】

世界卓球2018

2018年4月29日から5月6日までスウェーデンのハルムスタッドで行われる『2018年世界選手権団体戦ハルムスタッド大会』が開催中。


※2018-05-03

男子グループリーグの全結果をまとめました。

男子決勝トーナメントについてはこちらのページ


※2018-05-02

日本男子はグループリーグ最終戦、シンガポールに3-0で快勝。グループリーグ2位通過が決定しました。

日本時間5/2(水)、22:00頃に決勝トーナメントのドローが決まります。


※2018-05-01

第3戦でイングランドに負けた日本男子はチャイニーズタイペイと対戦し3-0で快勝。これで通算3勝1敗となり、ここまで0勝3敗のシンガポールに勝てばグループ2位通過が確定します。

シンガポール戦は日本時間5/2(水)17:00開始予定です。



※2018-05-01

日本男子は第3戦のイングランド戦でまさかの敗北。

まさかといっても過去の世界卓球や今年のチームワールドカップなどで何度も苦しめられている相手なので、ついに来てしまったという印象です。

今までは何となく日本選手にとってやり辛そうなプレーで苦しめられてきましたが、それに加えて今のイングランドは間違いのない実力をつけていると言えそうです。

第3戦を終え、日本とチャイニーズタイペイに勝っているイングランドの1位通過は間違いないでしょう。

日本は5/1(火)20:00にチャイニーズタイペイ。5/2(水)17:00にシンガポール戦で2位通過を狙います。

その他のグループでは、オーストリアがフランスに3-0で勝利。好調の地元スウェーデンはドイツに0-3で敗れました


※2018-04-29

男子グループリーグは第1戦が行われ、日本男子(水谷隼、丹羽孝希、大島祐哉、張本智和、松平健太)はベルギーと対戦。

3番で松平健太が1ゲームを奪われたものの、チームは快勝し初戦を飾りました。

 

日本にとって難しいライバルであるチーム世界ランキング1位のドイツエジプトに3-2の辛勝。世界ランキング17位のO.アサールが2得点を上げる大活躍でドイツを脅かしました。

チーム世界ランキング2位の中国ロシアに快勝。地元スウェーデンルーマニアに対し3-0で勝利をおさめています。


※2018-04-30 追記

男子グループリーグ、日本- ベラルーシの結果を追加しました。日本がストレートで勝利。

日本と同組のイングランドがチャイニーズタイペイに3-2で勝利。

ブラジルがポルトガルに3-2で勝利。スウェーデンが中国香港に3-2で勝利。

女子団体グループリーグ速報こちらのページ

2018世界卓球 大会スケジュールこちらのページから。

2018世界卓球 各チームエントリー選手こちらのページから。

男子団体グループリーグ

2018世界卓球男子グループリーグ

※グループリーグ表の青字が決勝トーナメント進出チーム

グループC

グループC 日本 チャイニーズタイペイ イングランド ベルギー ベラルーシ シンガポール 勝敗
日本 3-0 1-3 3-0 3-0 3-0 4-1
チャイニーズタイペイ 0-3 1-3 3-0 3-2 3-0 3-2
イングランド 3-1 3-1 3-1 3-0 3-0 5-0
ベルギー 0-3 0-3 1-3 3-2 3-2 2-3
ベラルーシ 0-3 2-3 0-3 2-3 3-0 1-4
シンガポール 0-3 0-3 0-4 2-3 0-3 0-5

※時間は日本時間

第5戦

日本 3-0 シンガポール

○張本智和 3(5、4、6)0 ガオ・ニン

○水谷隼 3(8、4、5)0 ポー・シャオフォン

○大島祐哉 3(3、5、3)0 ベー・クンティン

第4戦

日本 3-0 チャイニーズタイペイ

○張本智和 3(-4、7、12、7)1 荘智淵

○水谷隼 3(9、6、5)0 陳建安

○松平健太 3(6、-11、7、4)1 林昀儒

第3戦

イングランド 3-1 日本

 ドリンコール 2(-7、5、3、-5、-4)3 水谷隼○

○ピッチフォード 3(5、5、3)0 張本智和

○ウォーカー 3(9、10、8)0 丹羽孝希

○ピッチフォード 3(4、-9、9、-6、8)2 水谷隼

第2戦

日本 3-0 ベラルーシ

○張本智和 3(-9、-9、6、10、8)2 サムソノフ

○丹羽孝希 3(-7、-11、5、9、7)2 プラトノフ

○水谷隼 3(5、6、9)0 ハニン

丹羽孝希 – サムソノフ

張本智和 – プラトノフ

第1戦

日本 3-0 ベルギー

○丹羽孝希 3(3、4、7)0 ニュイティンク

○張本智和 3(8、8、4)0 ランビエ

○松平健太 3(5、-11、7、9)0 デボ

張本智和 – ニュイティンク

丹羽孝希 – ランビエ

 

イングランド 3-1 チャイニーズタイペイ

○ドリンコール 3-2 荘智淵

○ピッチフォード 3-1 陳建安

 ウォーカー 1-3 LIN Yun-Ju○

○ピッチフォード 3-0 荘智淵

グループA

グループA ドイツ 中国香港 スウェーデン エジプト ルーマニア スロベニア 勝敗
ドイツ 3-1 3-0 3-2 3-0 3-2 5-0
中国香港 1-3 2-3 3-0 3-2 3-0 3-2
スウェーデン 0-3 3-2 3-0 3-0 3-1 4-1
エジプト 2-3 0-3 0-3 0-3 1-3 0-5
ルーマニア 0-3 2-3 0-3 3-0 3-1 2-3
スロベニア 2-3  0-3 1-3 3-1 1-3 1-4

第3戦

ドイツ 3-0 スウェーデン

○フランチスカ 3(-5、9、5、-14、2)2 K.カールソン

○ボル 3(8、8、8)0 M.カールソン

○オフチャロフ 3(4、9、-11、13)1 KALLBERG Anton

第2戦

スウェーデン 3-2 中国香港

 J.パーソン 1-3 黄鎮廷○

○K.カールソン 3-2 何鈞傑

○M.カールソン 3-1 林兆恒

 K.カールソン 1-3 黄鎮廷○

○J.パーソン 3-0 何鈞傑

第1戦

ドイツ 3-2 エジプト

○ボル 3-0 エルベイアリ

 フィルス 1-3 O.アサール○

○オフチャロフ 3-1 K.アサール

 ボル 2-3 O.アサール○

○フィルス 3-0 エルベイアリ

 

スウェーデン 3-0 ルーマニア

○K.カールソン 3-0 イオネスク

○M.カールソン 3-1 スッチ

○J.パーソン 3-0 クリシャン

グループB

グループB 中国 ポルトガル ブラジル ロシア チェコ 北朝鮮 勝敗
中国 3-0 3-0 3-0 3-0 3-0 5-0
ポルトガル 0-3 0-3 3-0 3-1 3-0 3-2
ブラジル 0-3 3-0 3-0 3-1 3-0 4-1
ロシア 0-3 0-3 0-3 1-3 3-2 1-4
チェコ 0-3 1-3 1-3 3-1 3-0 2-3
北朝鮮 0-3 0-3 0-3 2-3 0-3 0-5

第4戦

中国 3-0 ポルトガル

○許昕 3(9、5、4)0 カルバーリョ

○樊振東 3(-8、-10、8、10、6)2 ジェラルド

○林高遠 3(9、8、7)0 アポローニャ

第3戦

中国 3-0 チェコ

◯樊振東 3-0 ヤンカリック

◯許昕 3-0 トレグラー

◯林高遠 3-1 コネチニー

第2戦

中国 3-0 ブラジル

樊振東 3(11、8、1)0 ツボイ

馬龍 3(8、5、9)0 カルデラノ

許昕 3(1、5、1)0 ジョーチ

第1戦

中国 3-0 ロシア

○樊振東 3(9、8、7)0 イスマイロフ

○馬龍 3(2、11、6)0 シドレンコ

○王楚欽 3(7、10、10)0 ガディエフ

 

ブラジル 3-0 ポルトガル

○ツボイ 3-2 フレイタス

○カルデラノ 3-1 モンテイロ

○JOUTI Eric 3-2 アポローニャ

グループD

グループD フランス 韓国 オーストリア インド クロアチア ポーランド 勝敗
フランス 0-3 0-3 3-2 3-0 3-0 3-2
韓国 3-0 3-0 3-0 1-3 3-0 4-1
オーストリア 3-0 0-3 3-2 0-3 3-0 3-2
インド 2-3 0-3 2-3 3-2 3-2 2-3
クロアチア 0-3 3-1 3-0 2-3 3-0 2-3
ポーランド 0-3 0-3 0-3 2-3 0-3 0-5

第3戦

オーストリア 3-0 フランス

○フェゲル 3(7、6、4)0 ルベッソン

○HABESOHN Daniel 3(8、7、-8、4)1 S.ゴーズィ

○ガルドシュ 3(7、6、10)0 AKKUZU Can

世界卓球選手権 団体戦 優勝国一覧まとめページはこちら